福岡市でまた道路が陥没した関連ニュースの感想

今日のTVのニュースの中で、福岡市でまた道路が陥没したとのことを報じていました。またその番組で、以前、他の都市でも道路が陥没して、通行していた車やバイクが陥没した穴に落ちて怪我をした人が何人かいたとのことも言っていました。福岡市の陥没は地下鉄工事によるものですが、他の都市は下水道管が古くなっているために起こったとのことです。
下水道管が古くなるともろくなって、崩れやすくなり、そのために陥没事故がおこるとのことです。特に下水管と下水管の継なぎ目が多いとのことです。また下水道管の陥没は大都市ならではの問題があるとのことで、下水道管を修理するだけでは修復できないとのことです。下水管を埋めた後に他の管を埋めていることがあるので、修理も困難になっているとのことです。
下水道管の工事が盛んになってきたのは、まだそう古くはない地方が多いと思いますが、後何年かすると、下水管が古くなってきて、道路の陥没事故は各地で起きてくるのではと思われます。下水管が埋まっている場所はマンホールや側溝付近になっているので、その近辺の道路にひびが入っているのを見かけたら陥没が起きる可能性があるので注意して通るようにとのことを言っていました。道路も安心して通れないようです。足元にも注意しなければならないようです。
仙台 車買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です