紫外線対策を怠るとひどいことになるので・・・

紫外線は、はたして肌に悪いのか?

ズバリ肌に悪いです。

強い紫外線を浴び続けると、多かれ少なかれ肌に悪影響を与えます。

シミ、シワ、たるみといった肌トラブルは紫外線の影響によるものが大きいです。

まだ若い内はいいのです。

たとえ日焼け止めを塗らずに1日中海で遊んで大量の紫外線を浴びたとしても、肌の再生能力が高いので、深刻な肌トラブルになることは少ないでしょう。

でも20代後半から30代、40代と年齢を重ねるごとに、紫外線の肌への影響が増してくるので注意が必要です。

そして紫外線が怖いのは、以前に浴びた紫外線の影響が後々になって出てくることです。

そう考えると、10代の若い頃から紫外線対策をしっかりする必要があるのです。

それでは、代表的な紫外線対策をいくつかあげますね。

・日焼け止めクリームを塗る
・日傘や帽子の使用
・UVカット加工のメガネの使用

まずは基本の日焼け止めクリームです。

できれば、SPFが30以上のもの、PA++以上のものが望ましいです。

そして日焼け止めは1回塗ればおしまいではなくて、数時間に塗り直すことが大切です。

また、天気の良い日だけじゃなく、曇の日なども思った以上に紫外線が多いので日焼け止めを忘れずに!

また、日傘や帽子、もっというなら手袋も外出時には必須ですよ。

夏であれば、UV加工されたメガネやサングラスを着用することで紫外線対策ができます。

ホワイピュアは楽天でも購入できるの?【最安値情報まとめ】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です